ハイスコアガール7月連載再開 ハイスコアガール7月連載再開 はコメントを受け付けていません。

スクウェア・エニックスは23日、ゲーム会社のSNKプレイモアに著作権侵害で刑事告発され、連載を一時休止していた押切蓮介さんのマンガ「ハイスコアガール」の連載を7月25日発売の月刊マンガ誌「ビッグガンガン」2016年8月号から再開すると明らかにした。約2年ぶりの連載再開で、「ハイスコアガール」のコミックス、電子書籍の販売も再開するとのこと。
「ハイスコアガール」はSNKプレイモアが同社の著作権を侵害しているとして、14年5月26日付でスクウェア・エニックスやその役員・社員を大阪府警に刑事告発したが、15年8月に両社の間で和解が成立していたという。
ハイスコアガールは、押切さんが月刊マンガ誌「月刊ビッグガンガン」で連載。1990年代の懐かしのゲームをテーマにした作品で、「増刊ヤングガンガン」2010年Vol.11と「増刊ヤングガンガン」11年Vol.1~3の掲載を経て、11年10月に「月刊ビッグガンガン」で連載を始めた同誌の看板作品。ゲームに熱中する主人公・矢口ハルオとお嬢様・大野晶が、人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」の対戦をきっかけにケンカしつつも少しずつ仲良くなるというストーリー。
1980~90年代に人気を博した多くのゲームが登場し、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「サムライスピリッツ」などSNKプレイモアの作品も登場していたそうだ。当時は高校生編が連載中で、テレビアニメ化も発表されていたが、刑事告発を受けて14年8月に漫画の連載を一時休止していたという。
連載を心待ちにしていたファンも多くいるので、和解が成立して連載再開となって本当に良かった。

豪、たばこ増税へ 豪、たばこ増税へ はコメントを受け付けていません。

オーストリアでは来年からたばこが増税対象となる。
豪政府は3日、新年度予算案を発表。そこでは2017年から4年間、たばこの税率が毎年12.5%ずつ増えていくとあった。
増税前の現在、オーストラリアでは1箱25本入りのたばこが25豪ドル(日本円にして約2000円)で販売されている。これも世界的にみると高いものだ。今後4年かけ、2020年には40豪ドル(日本円にして約3200円)になる。愛煙家からは悲鳴が上がっている。
オーストラリアのターンブル首相は「税収増だけでなく、国民を喫煙から遠ざけるのも狙いだ」と話す。
1995年時点で今の5分の1ほどの値段で喫煙率は25%、その後の増税や、健康被害を警告するパッケージの導入で、現在では喫煙率は13%前後まで低下したという。4年後には更に低下する見込みだ。
喫煙しない側からすればいっそ法律で廃止すればいいと感じるが、依存性のあるものなのでそうもいかないのだろうか。日本でも増税は進みそうだ。

代々木競技場、耐震工事に22カ月 代々木競技場、耐震工事に22カ月 はコメントを受け付けていません。

日本スポーツ振興センターのJSCは4月20日、2020年東京オリンピック・パラリンピックで競技会場となる国立代々木競技場について、耐震改修工事に22カ月を要するとの見通しを明らかにしました。
2017年の夏までには実施設計と工事契約を終えて工事に着手をし、2019年3月末までに終了する予定とのことです。
工事期間中はほぼ使用できなくなるため、JSCの高谷吉也理事は「他の施設を利用していただかなくてはならない」と話し、各競技団体に代替施設利用を促す意向を示した。JSCによると、国立代々木競技場の第1体育館は稼働率が高く、2015年度は329日にわたって利用されました。 

性表現、少女漫画家が開いた扉 性表現、少女漫画家が開いた扉 はコメントを受け付けていません。

国連はこのところ、暴力的なポルノ表現や児童ポルノを含むと日本の漫画を問題視してきた。女子差別撤廃委員会の報告書は、
「日本ではポルノ、ビデオ、ゲーム、漫画などアニメが、女性や少女への性的暴力を推進している」と指摘。国連特別報告者は日本を「バーチャルな子どもを性的搾取する表現の主要製造国」と呼んだという。
日本の漫画にとって画期的な作品、「風と木の詩」の連載が始まったのは1976年。作者の武宮さんは26歳だったそうだ。19世紀フランスの寄宿学校を舞台にした物語は、裸で横たわる少年2人の絵で始まる。性行為の後の姿だ。
小学館の少女漫画誌に週刊連載された「風と木の詩」はあらゆるタブーを正面から取り上げ、次々と打ち破っていった。
「当時は世界、世間そのものが大きく開こうとした時期でした。自由への謳歌というものがすごくあった時期です。なので、たとえば愛することに壁はないんだという、それが対象が女性だろうと男性だろうと老人だろうと、とても若い人であろうと、そこに愛というものが育ちうるということを描きたかった」と竹宮さんは創作の動機を振り返る。
当時の少女漫画にはあからさまな性描写などないに等しかった。その状況で編集者に連載を認めてもらうために、竹宮さんはまず別の連載を成功させて人気作家としての地位を確立し、リスクを取るだけの価値が自分にはあると編集者を説得することにしたという。物語の着想から実際に連載開始までには、実に6年かかったそうだ。
自分の挑戦によって、日本の漫画における性表現の「扉を私の作品が開いたのは事実だと思います」と竹宮さんは認める。そして、以前はないに等しかったものが今や、女性や子供の福祉を脅かしかねないと国連がみなすものまでに発展してきた。
「パンドラの箱を私が開けたのかもしれない。けれども箱を開けなくては、希望の光は出てこられなかったのです」と竹宮さんは話す。
日本の漫画における性表現は本当に性暴力を助長するものなのか。物語の中で描いて伝えていかなければ、黙殺されて明るみにならない真実もあるのではないだろうか。それによって多くの人の意識が変わり、不幸な出来事も未然に防ぐことができるかもしれないという可能性も考えなければならない。

中国奇抜な建物禁止へ 中国奇抜な建物禁止へ はコメントを受け付けていません。

中国国務院は、奇抜な建物や不規則な形状の建物の建設禁止を発表した。これからの建物の建設は、経済性、緑の多さ、美しさなどの追及を呼びかけるという。
経済成長に伴って中国には、変わった形の建物が多く建設された。北京では特にこの傾向が強く、オランダの建築家レム・コールハース氏が建設した中国中央テレビの本社ビルは、ズボンを思わせる形から「ビッグパンツ」とあだ名がついたほどだ。
この他ティーポット形の建物や、宇宙船「エンタープライズ号」型の建物も有名だそうだ。
中国国務院は、今回発表した通達で「経済的でも機能的でも美的でもなく環境にも優しくない」建物の建設を禁止することを明らかにしたが、判断基準については未だ未発表である。
また、少ない資源で作れるプレハブを奨励し、これからの新しい建物が3割がプレハブ方式になるとしているという。
禁止した理由は不明だが、強度面を考えてのことなのだとしたら、プレハブの積み方などで問題が起こりそうな気がする。

春節前に訪日ラッシュ始まる 春節前に訪日ラッシュ始まる はコメントを受け付けていません。

中国の旧正月にあたる春節前後の大型休暇を前に、早くも訪日ラッシュが始まっています。
中国人観光客向けの査証発給作業は、前年を上回る勢い。
関連業界が寄せる期待は、ここ最近さらに高まっています。
中国経済の減速も指摘される中、「爆買い」や「爆宿」といった、社会現象を巻き起こした訪日中国人のにぎわいが今後も続きそうです。
富士山麓の観光地「忍野八海」では、土産物店の女性従業員が中国語で呼び込みする声が飛び交わっています。
また、駐車場にはツアーバスがズラーっと並び、人混みからは日本語はほとんど聞こえてきません。
「この端境期の時期ににお客さんが途切れないなんて、10年前は考えられなかった」と地元住民は話します。
今月の8日の春節を待たずに、訪日ラッシュは始まっています。

「ケイコとマナブ」休刊へ 「ケイコとマナブ」休刊へ はコメントを受け付けていません。

リクルートライフスタイルは13日までに、資格取得や習い事のスクール情報をまとめた月刊誌「ケイコとマナブ」など資格関係雑誌4誌を4月末発行号で休刊すると発表したそうだ。インターネットで情報を得る人が増えたことから、今後は同社の総合サイト「ケイコとマナブ.net」での発信に一本化するとのこと。
同社によると、「ケイコとマナブ」は首都圏版を平成2年に創刊。続いて関西、東海版を発行した。最近の発行部数は計約6万4800部だそうだ。
やはり紙媒体は売れ行きが伸び悩んでいるのだろうか。最近はネットで情報を集めたり、ウェブマガジンで済ませてしまう人も多いので、仕方のないことなのかもしれない。

SNS禁止が全国で広がる SNS禁止が全国で広がる はコメントを受け付けていません。

スマホが普及した要因のひとつと言えるであろうSNS。多くの人が、自身の意見を発する場、誰かとの連絡ツールとして利用している。大きな規制もなく匿名で利用できるということもあって、学生の間ではいじめなどの問題に発展し大きな事件となってしまうケースがある。これをうけて、学生のSNS利用を禁止する学校が増えているという。ツイッターでは、教師が生徒のアカウントを監視しているという意見や、見つかったら罰則を受けるなどという意見を見かけた。
さらに、SNSを禁止している企業もあるという。対象は学校だけではないらしい。人事はこの件に「業務時間外のプライベートな内容ではあるのですが、SNS使用のルールを決めないといけないと思うようになった」とコメントしている。全面禁止としている企業や、実名での利用のみを禁止としている企業があるという。学生はいじめやそれによる犯罪を防ぐため、企業は情報流出や炎上騒動を防ぐためだとされている。
飲食店の店員が、商品や店の設備でふざけている様子をSNSに投稿し、問題になったのを覚えているだろうか。この事件に関しては、SNSが悪いのではなく店員が悪い。確かにSNSそのものを禁止すれば手っ取り早いのかもしれない。ただ、使う人間をきちんと指導し常識を持って利用すれば有益なものだ。全面禁止とされたところで全員がおとなしく従うとは思えないので、疑問が残るばかりである。

年末の旅行業界、パリ同時多発テロの打撃 年末の旅行業界、パリ同時多発テロの打撃 はコメントを受け付けていません。

日本の株式市場は、パリで11月13日に起きた同時多発テロを冷静に受け止めました。
事件後の初営業日である、16日の日経平均株価は、13日終値比1%下落にとどまり、翌日の17日には、200円超の反転上昇で事件前の水準に戻りました。
その理由について、「フランスはもはや経済大国とはいえず、日本経済に与える影響も小さいこと。もしこれがドイツであれば、株式市場はより大きく反応しただろう」という見方です。
個別企業を見ても、日産自動車の親会社・仏自動車大手のルノーは、16日から通常出社。
日産からフランスへの出張も11月18日に再開し、業務に大きな支障は出ていないといいます。

武田鉄矢、福沢諭吉役で朝ドラ 武田鉄矢、福沢諭吉役で朝ドラ はコメントを受け付けていません。

NHK大阪放送局の定例局長会見が5日、大阪市内の同局で行われ、現在放送中の連続テレビ小説「あさが来た」の追加出演者として、俳優の武田鉄矢を発表した。
武田は福沢諭吉役で12月22、23、24、26日に出演。波瑠が演じるヒロイン・あさと東京で出会い、その人生に影響を与える役割を担う。既に撮影は終えており、和歌山で2泊3日のロケも行ったという。
武田の起用理由について、制作統括の佐野元彦エグゼクティブプロデューサーは「思ったことをうるさいぐらいに、みんなの耳に語り続ける役。今、そのテイストがあるとすればこの人しかいないと思った」と説明。「やはり面白い方で、ロケの時もずっとしゃべり続けてましたね…」と明かした。
さらに「波瑠さんには、『共演した僕だから言えるけど、君は夏目雅子になるよ』とおっしゃってました」とも。放送開始直後から波瑠と夏目さんがよく似ていると話題になっており、期せずしてその太鼓判を押した形となった。
武田が朝ドラに出演するのは、12年後期に放送された「純と愛」以来3年ぶり2回目。「日本の『朝』を一瞬通り過ぎる設定ながら、その人の名は大きく『福沢諭吉』役。大好きな人物です。金運もつきそうです。ヒロインの『あさ』に天啓を授けて、サラリと去ってゆきます。どうぞ日本の『朝』の物語、お楽しみ下さい」とコメントした。
武田鉄矢が福沢諭吉を演じるというのは何だか想像できないが、放送が楽しみだ。